ハイパーマッスルエンジニアになりたい

Vim、ShellScriptについてよく書く

たぶん禁煙に成功した。結果何も失わなかった話。

f:id:rasukarusan:20210124164557p:plain:w500

タバコを吸わなくなってから50日が経った。もはやタバコのことを考えることがなくなってきたので、たぶん禁煙に成功したんだと思う。
完全にタバコのことが思い出せなくなる前に、思ったことを書いていく。

禁煙する前

  • 1日2箱(40本)ぐらいのミドルスモーカー、飲み会のときは3箱ぐらい
  • 喫煙歴は8年。紙タバコ5年、アイコス・gloが3年
  • 禁煙の必要性が全くわからない
  • インフルエンザにかかってもタバコは吸う
  • タバコにかかるお金は全く気にしない、その分稼げばいいじゃない
  • 飲食店は喫煙可じゃないと無理
  • 喫煙が身体に悪いとはもはや思っていない、我慢するほうが身体に悪いと思っている
  • 娯楽施設に行ったときは真っ先に喫煙所を探す
  • 遠出するのが嫌なのはタバコが長時間吸えなくなるから
  • 睡眠時を除き、10時間以上禁煙できたことがない
  • 禁煙できたって言ってるやつは1日1箱ぐらいのやつだろ、元々全然依存してねえじゃなえかと思ってた

なぜ禁煙しようと思ったのか

タバコにかかる費用を計算したら、1年でだいたい35万ぐらい使っていた。
これっておよそ1ヶ月分の給料で、俺って1年のうち1ヶ月はタバコのために働いているのか、と思った。

お金が勿体ないという感覚では全くなくて、もしタバコを辞めたら1ヶ月分休めるじゃんという感覚だった。

どうやって禁煙したのか

読むだけで絶対やめられる禁煙セラピーという本を読んだ。

www.amazon.co.jp

この本の特筆すべき点は、タバコの洗脳を解いてくれるという点。
タバコがいかに害があるか、いかにお金がかかるか、ということを訴える内容ではなく、もう吸わなくていいんですよと言ってくれるものだった。
これは喫煙者にしかわからない感覚かもしれないが、喫煙者は吸いたくて吸っているのではない。吸わないといけないと思っているから吸うのだ。

もちろんタバコが美味いから吸っている、吸いたいから吸っているんだという人もいるが、そう思い込んでいるだけだ。1発目のタバコの味を思い出してほしい。
本当に美味いなら一発目から美味いはずだろ。めちゃくちゃまずかったけど我慢して何本か吸って、ようやく吸えるようになったから今も吸ってるんだろ。
タバコは美味い・落ち着くから・人と話すネタになるから、とか思ってる時点で立派に洗脳されている。

また、洗脳を解いた結果禁煙できるので、我慢という概念がない。つまり「吸いたい」という感覚が一切消える。
筆者曰く、「1日1箱に抑えよう」とか「3日だけ我慢しよう、そうすればニコチンが消えて禁煙できるはず」と思って始める禁煙は、精神力による禁煙をしようとしているから続かない。 タバコを褒美と捉えてしまっていて、犠牲を払っている感覚が常に付きまとうからだ。

だから減煙とかガムで代替するとか、そういうのとは全く無縁にスパッと辞められるのが”洗脳を解く”ということだ。

禁煙して良かったこと

  • タバコを吸わなくて良くなった
  • 夜、好きなタイミングで歯を磨いて寝られるようになった
  • 喫煙可のカフェを探す必要がなくなった
  • タバコを買う/吸うために、何かと理由をつけて外に出る必要がなくなった

タバコを吸わなくて良くなった、これに尽きる。

ちょっと意味がわからないかもしれないが、感覚としてはこれが一番しっくりくる。ああもう吸わなくていいんだ、という安堵感だろうか。

禁煙したら良かったことリストでよく書かれている「お金が浮いた」「ご飯が美味しくなった」「お肌がよくなった」とかは正直あまり感じていない。
ただ、夜好きなタイミングで歯を磨いて寝られるようになったのはメリットとして感じられている。
タバコを吸ったら歯を磨き直さないといけないので、タバコを吸いたいという気持ちがあるままだと歯を磨くことができなかった。夜、寝る前に2,3本吸ってもうこれでいいだろう、と満を持して歯を磨きに行く必要があった。 歯を磨いた後にタバコを吸ってしまい、どうせもう1回歯を磨くならもうちょっと起きてタバコも吸うか、ということがよくあった。これがなくなった。

禁煙して"良くなかった"こと

一切ない。

なんであんなことを信じていたのか、今ではまったくわからないこと

アイコスは有害物質が90%削減されているから、身体への害も削減されているはず

バカじゃねえのかな。だったらなんで依存度も9割減にならないんだよ。
そもそも加熱式タバコの歴史自体浅いから、これからもっと別の害があることが確認されるかもしれないだろ。
市販で売っているものは色んな検査がされた上で出てるから大丈夫って思ってるかもしれないけど、じゃあなんで紙巻きタバコが未だにどこでも売ってるんだよ。

タバコ買うために外行くのは良い運動になっている、おかげで散歩もできている

冷静に考えることができなくなってる。害があるものを身体に取り入れているのに、何が良い運動だよ。 むしろタバコやめてから散歩する回数増えた。

1日1000円タバコ代がかかるのは必要経費

んなわけない。無駄なお金を払う意味は1ミリもない。
それ以上に稼げば良いってのとは話の次元が全然違う。払わなかったらそもそも稼がなくていいんだよ。

1時間に1回タバコ休憩を挟むのは作業的にも良いことだ

別にタバコ無くても休憩するよ。タバコ無いと立ち上がることすらできないと思ってるんだろうが、そんなことはない。立ち上がって休憩することは、そんなに難しいことじゃない。

タバコを買うことで日本経済回してる

これはジョークだが、一度は言ったことがあるので書いておく。
自分より何百倍も稼いでいる人の税金で日本は回っているから、安心してやめて良い。もし本当に日本経済回したいなら、募金でいいだろ。そのほうがピンポイントで回せられる。 タバコを吸う言い訳の中で最も醜く、最も笑えない言い回しがこれ。

終わり

禁煙したからといって、喫煙者の人を嫌いになるとか、喫煙可の店に入りたくないとかはまったくない。
単純にタバコに関して無関心になるだけだ。そもそもタバコのことを考えることがなくなるから、何も思わなくなる。
だから今喫煙している人も別に禁煙する必要は全く無くて、これからも気持ちよく吸い続けて全然良いと思う。実際自分もまだ禁煙してから50日ぐらいしか経っていないので、また吸うときが来るかも知れない。

ただ、禁煙して失ったものは何もなかった。