VagrantでKaliLinuxの環境構築する(Vagrantfile、apt-get, yumのリポジトリ追加)

f:id:rasukarusan:20190320233211p:plain

kali-linuxをvagrantで構築する。備忘録です。
最終的なVagrantfileとかGithubに載せておく。

github.com

Vagrantfileの作成、box構築

公式(たぶん)を参考にVagrantfileを作成し、box構築。

app.vagrantup.com

# Vagrantfileの作成
$ vagrant init offensive-security/kali-linux

# box構築(初回は8時間ぐらいかかった気がする)
$ vagrant up

ちなみに自分は以下の公式っぽくない方でやった。特に理由はない、一番最初に目に入ったのがこのページだったからそのままこれでやってる。

Vagrant box y473m1n4h4r3/kali-linux-2018 - Vagrant Cloud

マウント、provisionの設定等を書いた最終的なVagrantfileは以下。

Vagrant.configure("2") do |config|
    config.vm.box = "y473m1n4h4r3/kali-linux-2018"
    config.vm.box_version = "0.0.1"
    config.vm.network :private_network, ip: "192.168.56.100"
    config.vm.provider :virtualbox do |v|
        v.customize [ "modifyvm", :id, "--memory", 2048]
    end
    config.vm.provision "shell", :path => "provision.sh"
    config.vm.synced_folder "./workspace","/home/vagrant/workspace", mount_options: ["dmode=777", "fmode=777"]
end

apt-getのリポジトリ追加

おそらく立ち上げたばかりのvmだとリポジトリが1つもないので、sudo apt-get install XXXとしても「XXXXがリポジトリに登録されていないよ」と出てしまう。 なのでまずはリポジトリの追加をする。

# apt-getのリポジトリを編集
[root@kali-linux-2018:~]$ vim /etc/apt/sources.list

# 以下を先頭に追記
deb http://http.kali.org/kali kali-rolling main contrib non-free

# アップデート
[root@kali-linux-2018:~]$ apt update -y && apt upgrade -y && apt dist-upgrade
または
[root@kali-linux-2018:~]$ apt-get update && apt-get install -y linux-headers-$(uname -r)

ネットワーク回線にもよるが、apt update -y && apt upgrade -y && apt dist-upgradeは結構時間がかかる。自分の場合4,5時間かかった気がする。

yumのインストール

基本的にはapt-getでインストールしていくほうがいいが、yumを使いたいときもあるので一応インストールしておく。

[root@kali-linux-2018:~]$ apt-get install yum

# リポジトリ確認(何もない)
[root@kali-linux-2018:~]$ yum repolist all
repolist: 0

# リポジトリダウンロード
[root@kali-linux-2018:~]$ wget http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/RPM-GPG-KEY-EPEL-6
# インポート
[root@kali-linux-2018:~]$ rpm --import RPM-GPG-KEY-EPEL-6
# 設定ファイル追加
[root@kali-linux-2018:~]$ vim /etc/yum/repos.d/epel.repo
# 以下を書き込む
[epel]
name=EPEL RPM Repository for Red Hat Enterprise Linux
baseurl=http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/6/$basearch/
gpgcheck=1
enabled=0

# 再度リポジトリを確認(リポジトリが追加されているはず)
[root@kali-linux-2018:~]$ yum repolist all
repo id    repo name                                            status
epel       EPEL RPM Repository for Red Hat Enterprise Linux     disabled
repolist: 0

# yum-configを使用するためyum-utilsをインストール
[root@kali-linux-2018:~]$ apt-get install yum-utils

# リポジトリを有効化
[root@kali-linux-2018:~]$ yum-config-manager --enable epel
# 有効化の確認
[root@kali-linux-2018:~]$ yum repolist all
repo id repo name                                        status
epel    EPEL RPM Repository for Red Hat Enterprise Linux enabled: 12,514
repolist: 12,514

# リポジトリ更新
[root@kali-linux-2018:~]$ yum update

まとめ

ひとまずこれで最低限の環境は整った。
provision.shに別途インストールしたものを書いているので興味がある人はgithubどうぞ。次はUSB-Wifiの認識までやるかな。